製薬業JD-NETソリューション

テノン・システムコンサルティングは、JD-NETが提供するVANサービスと医薬品メーカーの基幹業務システムを連携するためのEDIアプリケーションを、製薬業JD-NETソリューションとしてご提供します。

  • 医薬品業界世界トップ20企業の多数に採用されたEDIソリューション
  • データ通信・フォーマット変換といったEDI基本機能のみならず、業務マスタによるデータ変換、SAP ERPをはじめとする基幹業務システム連携等のEDI必要機能をフルサポート
  • 取引区分変換、卸デポコード変換といったコード変換、受注・仕切書データ分割といったデータ加工、再送機能(品切・仕切書)といったリカバリプロセス等、JD-NETを介してEDI情報連携を行う上で必須となる業界固有機能をテンプレート化

日本における医薬品の販売流通は、メーカー、卸売業、薬局・病院という多数の事業者が関与する大規模なサプライチェーンで構成されています。また、その取り扱う製品や小売形態の性質上、少量多品種の製品種であることに加え、多頻度かつ多拠点への配送が必要であるといった販売、物流上の特性があります。

医薬品取引の運用においては、国の医薬品に対する薬価基準改定施策に対応するための独特な取引運用が必要となり、ビジネス部門だけでなくIT部門も巻き込んだ堅実でタイムリーな作業が求められます。2021年度からは薬価改定の毎年実施が開始されるため、オペレーション負荷のさらなる増加が見込まれています。

医薬品流通の効率化のため、医薬品メーカーと医薬品卸売業の間では早くから取引データ交換システムの検討がなされ、業界標準の情報ネットワークインフラとしてJD-NETサービスが提供されています。

医薬品メーカーと卸売業者は相互に、JD-NETが提供する統一した業界ルールに則り、受発注情報、卸販売情報、仕切書・納品案内書情報、卸在庫情報、価格連絡情報等、様々な種類の商取引情報の交換を行うことが可能となっています。

製薬業JD-NETソリューションは、JD-NETと医薬品メーカー企業の基幹業務システムを連携する上で必須となる各種EDIアプリケーション機能を、パッケージソリューションとしてご提供します。また、SAP ERPをご活用の医薬品メーカー企業が、ERP上で必要となるアプリケーション機能を、別途、製薬業販売テンプレート(Pharmaceuticals Sales Template(以下、PST))としてご提供しています。

製薬業JD-NETソリューションの主な機能は、以下の通りです。

  • 送受信状況モニタ
  • 受信スケジューリング
  • ファイル転送制御
  • JD-NET-ERPフォーマット変換
  • 文字コード変換
  • 各種通信制御
  • 取引区分変換
  • 受注データ分割
  • 仕切書データ集約
  • 卸デポコード変換
  • 統一商品コード変換
  • 仕切書再送機能
  • 変換マスタメンテナンス
  • ユーザ管理
  • ログ管理
  • データクリーンアップ
  • バックアップ

製薬業JD-NETソリューションは、以下のような独自性・優位性をもって、お客様のJD-NETによるEDI取引情報連携の業務効率化、品質向上、コスト削減に寄与します。

  • 医薬品、医療機器業界世界トップ20企業が多数採用したEDIソリューション
  • 医薬品、医療機器業界における30社を超える企業での実績に基づく、ベストプラクティスをパッケージ化
  • データ通信・フォーマット変換といったEDI基本機能のみならず、業務マスタによるデータ変換、SAP ERPをはじめとする基幹業務システム連携等のEDI必要機能をフルサポート
  • 取引区分変換、卸デポコード変換といったコード変換、受注・仕切書データ分割といったデータ加工、再送機能(品切・仕切)といったリカバリプロセス等、JD-NETを介してEDI情報連携を行う上で必須となる業界固有機能をテンプレート化
  • 別途提供する「製薬業販売テンプレート(PST)」と連携することで、SAP ERPを活用する医薬品メーカーにおける、基幹業務システムを含めたJD-NET業務プロセスに対応可能

ご相談・ご質問等、
お気軽にお問い合わせください。

関連サービス

  • EDIアウトソーシング

    EDIフルアウトソーシングサービスが、お客様のビジネスをシンプルに
  • EDIシステム導入

    システム面だけでなく業務面を熟知したエキスパートが、お客様にとって最適なEDIシステムの実現を支援
  • 医療機器業MD-NETソリューション

    医療機器業特有の複雑なデータ連携をシンプルに、かつ効果的なものに